モラハラ彼氏と別れたあとの心理的ダメージと乗り越え方

恋の悩み
記事内に広告が含まれています。

モラハラ彼氏との別れは、被害女性に深い心の傷を残します。

精神的に追い詰められた状態で別れを選んだとしても、

新しい人生をスタートさせるのは簡単ではありません。

本記事では、モラハラ彼氏と別れたあとの心理的ダメージの特徴と、

それを乗り越えるための方法について解説します。

辛い経験をした方が、一歩ずつ前に進んでいくためのヒントになれば幸いです。

恋愛の悩みがあるあなたにオススメのサービスが「恋ラボ」です。

恋ラボexcite(エキサイト)運営の恋愛専門電話・メール相談サービスです。

2022年の段階で累計相談件数が4万件を突破しています。

電話、メール、チャットの3種類から恋愛相談することができ、

24時間365日いつでもどこでも好きなときに、プロのカウンセラーに恋愛相談できます。

恋ラボはなんと、恋愛の悩みに強いカウンセラーが150名以上在籍しています。

そのうち女性カウンセラーは70名以上、男性カウンセラーは30名以上おり、

男女どちらのカウンセラーも選びやすくなっています。

また、失恋、片想い、復縁、不倫、浮気、婚活、マッチングアプリなどの

恋愛相談が可能です。

・業界最大手ポータルサイト「excite(エキサイト)」が運営
・サービスを開始して5周年が突破している
・累計相談件数が4万件の実績がある
・24時間365日電話やメールで恋愛相談可能
・「電話」「メール」「チャット」の3種類から自分に合った方法で恋愛相談
・失恋、片想い、復縁、不倫、浮気、婚活、マッチングアプリなど相談可能

・恋愛に強いカウンセラーが150名以上在籍中
・女性だけでなく男性でも相談可能

恋ラボは、こんなあなたにオススメです。

・恋愛をどう進めていいかわからない方
・マッチングアプリ/婚活に具体的なアドバイスが欲しい方
・片思いで迷っている方
・恋人との関係性に悩んでいる方
・失恋して落ち込んでいる方
・復縁したい方
・誰にも言えない恋の悩みを抱えている方

恋ラボ初めて利用する方は、なんと最大2,000円分無料で恋愛相談が可能です。

ぜひ、恋ラボであなたの悩みを相談してみてください。

なお、恋ラボについては、

恋ラボの評判や口コミは?登録方法や使い方・無料相談する方法を徹底解説

の記事で詳しく解説しています。

【無料】恋ラボで恋愛相談する

>>公式サイトを見てみる

モラハラ彼氏との別れによる心理的ダメージの特徴

モラハラ彼氏との別れは、女性の心に深刻なダメージを与えます。

その特徴的な症状について見ていきましょう。

自己肯定感の低下と自信喪失

モラハラ被害に遭うと、自分に対する肯定的な感情が持てなくなってしまいます。

相手から「お前は価値がない」と言われ続けた結果、自分を認められなくなるのです。

自己肯定感の低下は、人生のあらゆる場面に影響を及ぼします。

自信を失った状態では、新しいことにチャレンジする気力も湧いてこないでしょう。

人間不信と恋愛への恐怖心

モラハラ彼氏に裏切られた経験から、

人を信じられなくなってしまう女性も少なくありません。

「また同じような目に遭うのでは」と恐れ、新しい恋愛に踏み出せなくなるのです。

男性不信に陥ると、友人関係も築きづらくなります。

モラハラ被害が、人間関係全般に影を落とすことを認識しておく必要があるでしょう。

トラウマによるPTSD症状

モラハラによるトラウマは、時にPTSD(心的外傷後ストレス障害)を引き起こします。

別れた後も、彼氏に怒鳴られた場面がフラッシュバックしたり、

悪夢を見たりすることがあります。

些細な出来事がトリガーとなって、突然不安や恐怖に襲われることも。

PTSD症状は専門的なケアを必要とする可能性があるので、

早めに対処することが大切です。

\プロのカウンセラーに恋愛相談! /

【最大2,000円分無料】
恋ラボでプロに恋愛相談する

>>公式サイトを見てみる

モラハラ男と別れたあとに感じる感情の変化

モラハラ彼氏と別れた後、被害女性の感情は大きく揺れ動きます。

その変化のプロセスを理解しておきましょう。

別れ直後の解放感と虚無感

別れた直後は、モラハラ地獄から解放されたという安堵感を感じるかもしれません。

「やっと自由になれた」と歓喜に浸る一方で、急激な環境の変化に戸惑うことも。

虚無感に襲われ、

これからどう生きていけばいいのか途方に暮れる時期だと言えるでしょう。

喪失感と寂しさに襲われる時期

解放感が落ち着くと、今度は喪失感と寂しさが沸き起こります。

一緒に過ごした日々を思い出し、彼氏との関係性を恋しく感じてしまうのです。

自分を必要としてくれる存在を失ったことで、孤独に苛まれるのは自然な感情。

時間の経過とともに和らいでいきますが、それまでは辛抱強く乗り越える必要があります。

怒りと恨みの感情が湧き上がる時期

喪失感が落ち着くと、今度は彼への怒りと恨みの感情が湧き上がってきます。

「なぜあんな仕打ちをされなければならなかったのか」「許せない」と、

憎しみの感情に支配されるようになるのです。

この感情は、立ち直るために必要なプロセス。

でも、いつまでも恨み続けるのは自分のためになりません。

適切なタイミングで手放すことが大切です。

\プロのカウンセラーに恋愛相談! /

【最大2,000円分無料】
恋ラボでプロに恋愛相談する

>>公式サイトを見てみる

モラハラ被害から立ち直るための心のケア方法

モラハラ被害から立ち直るには、適切な心のケアが欠かせません。

回復への一歩を踏み出すためのポイントを解説します。

自分を責めずに被害者であることを認識する

モラハラ被害に遭った女性の中には、

「自分が悪かったのでは」と自分を責める人もいます。

しかし、加害者の責任をすり替えてはいけません。

あなたは悪くない、被害者なのだと認識することが大切。

自分を責めるのをやめ、一方的に傷つけられたことを自覚しましょう。

周囲の支援者に相談し、孤独感を和らげる

モラハラ被害から立ち直るには、周囲の支えが欠かせません。

一人で抱え込まずに、信頼できる友人や家族に相談してみましょう。

被害を理解し、あなたの味方でいてくれる存在に出会えたら心強いはず。

支援者を見つけることで、孤独感も和らぐでしょう。

メンタルヘルスの専門家に相談し、回復を促す

心の傷が深い場合は、メンタルヘルスの専門家に相談するのも一案。

カウンセラーや臨床心理士といった専門家は、

あなたの心情を理解し、回復へと導いてくれます。

一人で抱え込むのが辛いなら、プロの力を借りることを恥ずかしがる必要はありませんよ。

あなたの心の健康が何より大事です。

\プロのカウンセラーに恋愛相談! /

【最大2,000円分無料】
恋ラボでプロに恋愛相談する

>>公式サイトを見てみる

モラハラ彼氏との別れを乗り越えるための具体的なステップ

モラハラ彼氏との別れを乗り越えるには、具体的な行動が求められます。

ここでは、3つのステップをご紹介しましょう。

別れの決意を固め、断固とした態度で臨む

モラハラ彼氏と別れる決意が固まったら、毅然とした態度で臨むことが大切。

「あなたの言動に耐えられない」と、別れる理由をはっきりと伝えましょう。

彼の言い訳に惑わされたり、謝罪に応じたりしてはいけません。

「もう無理」という決意は曲げずに貫くことです。

彼との接触を断ち、生活環境を整える

別れた後は、彼との接触を完全に断ちましょう。

電話番号やSNSはブロックし、関わる機会を作らないことが大切。

思い出の品は処分するなど、生活環境を整えるのも有効です。

新しい生活をスタートさせるために、

彼の存在を消し去るくらいの覚悟を持つことをおすすめします。

新しい趣味や習い事で自分の世界を広げる

辛い体験から立ち直るには、新しい刺激が効果的。

今までやったことのない趣味や習い事に挑戦してみるのはどうですか。

ダンスや料理、語学の勉強など、好奇心の赴くままにチャレンジしてみましょう。

充実した日々を送ることで、過去のモラハラ被害から目を背けることができるはずです。

\プロのカウンセラーに恋愛相談! /

【最大2,000円分無料】
恋ラボでプロに恋愛相談する

>>公式サイトを見てみる

モラハラ被害から学ぶべき教訓と再発防止策

モラハラ被害は、二度と繰り返してはいけない辛い経験。

その教訓を胸に、再発を防ぐための心構えを持ちましょう。

モラハラの兆候を見極める目を養う

モラハラ被害に遭わないためには、そのサインを早期に発見することが大切。

些細なことで怒り出す、謝罪を強要する、人格を否定するなど、

モラハラ男に共通する特徴を知っておきましょう。

おかしいと感じたら、深入りせずに距離を置くことが賢明です。

自分の境界線を明確にし、侵されない姿勢を持つ

モラハラ男に振り回されないためには、自分の境界線を明確にすることが大切。

「これ以上は許せない」というラインを心に引いて、

相手の要求を毅然と拒否する姿勢を貫きましょう。

自分の気持ちに正直になり、NOと言える勇気を持つことが何より大事。

相手の機嫌を損ねることを恐れる必要はありません。

健全な恋愛観を身につけ、対等な関係性を築く

モラハラとは真逆の、健全な恋愛観を身につけることが再発防止につながります。

お互いを尊重し合い、対等な立場で関わり合うことの大切さを学びましょう。

自分らしさを大切にできる相手、

些細なことも話し合える相手こそが理想の恋人だと意識することが大切です。

一方的に奉仕させられる関係は、恋愛とは言えません。

\プロのカウンセラーに恋愛相談! /

【最大2,000円分無料】
恋ラボでプロに恋愛相談する

>>公式サイトを見てみる

モラハラ彼氏と別れたあとの心理的ダメージと乗り越え方:まとめ

モラハラ彼氏との別れから立ち直るまでの道のりは、決して平坦ではありません。

激しい感情の起伏に襲われ、一人では乗り越えられないと感じるかもしれません。

それでも、以下のポイントを意識していれば、必ず回復への道は開けるはずです。

・自分を責めずに、被害者であることを認識する
・信頼できる人に相談し、孤独に陥らないようにする
・メンタルヘルスの専門家に相談することを躊躇わない
・彼との接触を断ち、前を向いて歩き出す
・新しい趣味や習い事で、充実した日々を送る

つらい経験をバネにして、あなたはもっと強くなれる。

自分らしく生きることの素晴らしさを実感できる日が必ず来ます。

過去に囚われず、未来に希望を持つことを忘れないでくださいね。

あなたの心の傷が癒され、幸せな毎日が訪れますように。

一歩ずつでも前に進もうとするあなたを、心から応援しています。

あなたの恋の悩みを恋ラボで解決しませんか?

恋ラボ24時間365日いつでもどこでも好きなときに、

プロのカウンセラーに恋愛相談できます。

恋ラボ恋愛の悩みに強いカウンセラーが多く在籍しており、

男女どちらのカウンセラーも選びやすくなっています。

また、失恋、片想い、復縁、不倫、浮気、婚活、マッチングアプリなどの

様々な恋愛相談が可能です。

実際に恋ラボでカウンセリングを受けている方たちの口コミです。

論より証拠で、カウンセリングを受けた方たちは声を聞くのが一番良いです。

不安に思っていたことを、色々アドバイス頂き、目から鱗でした!
気持ちが前向きになれたので、非常にありがたかったです。
相談にのってもらって良かったです!
ありがとうございました

29歳女性

引用:恋ラボ

些細な悩みでしたが、身近な人には話せずにいたので、
お話を聞いてアドバイスいただけて助かりました。
小さなことでも過剰に気にしてしまうことがあり、
ここのところは、誰にも話せない、
私なんか...と辛い気持ちでいっぱいでしたが、話をしてスッキリしました。
前向きに、もう少しだけ頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

35歳女性

引用:恋ラボ

ありがとうございました。
お相手の気持ちを知るうえで大変参考になりました。
私の気持ち・本音をはっきりとお伝えしたいと思います。

32歳男性

引用:恋ラボ

長年お世話になっております。
いつも優しく親身になって聞いてくれます。心が弱った時、いつも声が聞きたくなります。
今後もよろしくお願いします。

42歳女性

引用:恋ラボ

ありがとうございました。
相談いただき、少し勇気が出せそうな気がしました。
しっかりとお相手とお話ししていきたいと思います。

32歳男性

引用:恋ラボ

他に話せなく苦しかった事をしっかり聴いていただけたと感じました。
杏さんの分析により前に向いて進めるヒントや潜在的なマインドに気づかされた部分が多く、
相談してよかったと思える時間でした。

50歳
男性

引用:恋ラボ

深夜に長時間お時間をいただきありがとうございました。
私の悩み事をすべて聞いてくださり、
その上でこちらが解決したいことについて一つ一つ的確なアドバイスをくださいました。

また、自分では気づいていなかった考え方のクセを指摘してくださり、
こう考えると楽になるよと教えてもらえたことに感動しました。
フレンドリーで優しいお人柄にも癒されました。ありがとうございました!

28歳女性

引用:恋ラボ

恋ラボでプロのカウンセラーに相談することで、苦しい恋が進展することもありますよ。

登録は無料なので、迷ったらまずは登録して、無料相談から利用してみてください。

\プロのカウンセラーに恋愛相談! /

【最大2,000円分無料】
恋ラボでプロに恋愛相談する

>>公式サイトを見てみる

恋の悩み
恋愛アドバイザーX

恋愛アドバイザーのXです。
恋愛に関するアドバイスや情報をお届けし、皆さんの心の支えになります。
一緒に素敵な恋愛を築きましょう。

・恋愛に関する豊富な知識と経験を持つ恋愛アドバイザーです。
・個々のニーズや状況に合わせたカアドバイスを提供します。
・心理学やコミュニケーションの専門知識を活かした情報発信をします。
・恋愛に関する悩みや疑問をわかりやすく解説します。

恋愛アドバイザーXをフォローする
恋愛アドバイザーXをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました